八戸市 八戸市 板金塗装 スペーシア 左前の損傷 谷川自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 スペーシア 左前の損傷

八戸市 板金塗装 スペーシア 左前の損傷

 左前の損傷

スズキの新しいスペーシアの左前の損傷です。

左前からの衝撃でタイヤの上側の部品、フロントフェンダーが折れて盛り上がっているのが分かりますでしょうか?多少の擦り傷程度の感じですと修理の方が安く済む場合もありますが修理と言っても研磨して鈑金して脱脂、乾燥後にパテを塗り付け乾燥後に研磨、マスキング、塗装下地のサフェーサを吹き付け乾燥後に研磨、再度マスキング、調色、塗装、磨き

このように結構なボリュームの作業の工賃を考えた時に新品に交換して塗装の工程をする作業工賃、同色の状態のいいリサイクルパーツを見つけて必要なら手直しする工賃や部品代。保険を使うのであれば保険屋さんとの交渉になったりしますが最終的にお客様が納得出来る仕上がりと金額なのかを相談して金額が決まります


こちらはお客様の要望でフロントバンパーは新品に交換でヘッドライトとフェンダーはリサイクルパーツに交換となりました

しかしリサイクルパーツとはいえ、ヘッドライトのリサイクルパーツがかなり高価でした汗

新しい車種だからなのでしょうか?リサイクルパーツで6万円って汗。2020年の7月でこの値段ですから、少しでも安くなってほしいです。昔ながらのハロゲンのヘッドライトの電球(オレンジっぽい色の電球)であれば安価ですがHIDの電球(物凄いまぶしいやつです)を使っていたりすると電球だけでも5000円以上しますし、近年の車は複雑でコンピューターやセンサーの塊で高価です


内部的な損傷を多少修正する工賃がありましたが、ほぼほぼ部品を交換して修理しました。この内部的な損傷というのは車の前側はカチカチのごつい骨組みの部品の中にエンジンが発している熱を冷却水が循環して冷やしているのですが、その重要部品のラジエーターは樹脂製のタンクですので強い衝撃が加わりますと割れてしまいます。

またエアコン関係の重要部品もラジエーター付近にあり、アルミ製の配管ですから前側の損傷の損傷があるお車ですと壊れやすい箇所ですね。

フェンダーとヘッドライト、ヘッドライトのランプサポートという部品とフロントバンパーの付け根は一緒にボルトで留まっていますからこの内部損傷というか変形を修正しないと部品同士の隙間がおかしかったりボンネットとフェンダーの高さがおかしくなったりしてしまいますから変形の修正、微調整が必要となります。

今回は関係ありませんが、タイヤ等をぶつけたりしていますと足回りの部品にずれが生じたりもします。何だか走ってるとハンドルが取られる、ハンドルが平らな道を走っているのにどちらかに切れる、タイヤが偏った減り方をする。これは足回りの部品のずれが原因であることが多いです




話を戻しまして、新品の部品に交換と言っても色が塗られていない素地の新品が来ること事もありますし、フロントバンパーで言えばフロントバンパーもかなりの種類の部品構成でして、新品のバンパーを発注した場合、フロントバンパーのアッセンブリ(簡単に言いますとフォグランプも付いてる、ラジエーターグリルやエンブレムも付いてるの完成形の状態)で部品が入ってくる訳ではなくて、付属品が外れた新品が来るので、無傷の部品は現車から新品バンパーに移植しなければなりません。伝わっていますでしょうか??その移植する作業もまた工賃となります。


素地の部品やリサイクルパーツの手直しする塗装すべき箇所は足付けと言って塗装下地のサフェーサが付きやすいように紙やすりで研磨してからでフェーサを吹き付け滑らかになるように再度研磨してから塗装して磨きます

部品組み付け洗車して完成です

 綺麗に直りました!

フロントバンパーを新品に交換、ヘッドライト、左前フェンダーをリサイクルパーツに交換しましたがなかなか高価汗

お見積もり¥242,800

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0178-28-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の他のページ

お電話
お問合せ
お見積り