八戸市 八戸市 板金塗装 セレナ 後ろ側の修理 ゲート リアバンパー  谷川自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 セレナ 後ろ側の修理 ゲート リアバンパー 

八戸市 板金塗装 セレナ 後ろ側の修理 ゲート リアバンパー

 ゲートとリアバンパーの2箇所

日産のセレナのゲートの左端とリアバンパーの割れの修理事例です。これは何でしょうか?突き出た板状の物に気付かずバックしたらごつんとしてしまったのでしょうか?

あまりに損傷が酷ければ部品交換となりますが今回は修理で直りそうなので修理で行きます

作業をしやすくするためにリアバンパーを外しますので関係している部品を外してからリアバンパーにアプローチしていきます。車によってはリアバンパーを外そうと思ったらテールライトやスライドドアの下についているカバーを外さないといけなかったりする車もあります

また最近の車はセンサー類が至る所についていたりしますからその配線やナンバー灯の配線、リアバンパー本体を留めているボルトやクリップ類を外していきます。このクリップは樹脂製で、経年劣化が進んでいると外した際に簡単にパキッと折れてしまう事があり、1個100円以上することもあり結構高いのでなるべく壊さないように外していきます


どの部品を外す時にも気を付けなければいけないのが、なかなか部品が外れずなくて、ようやく外れたと思ったら勢い余って他の無傷な部品を傷つけてしまう事です。または壊してしまう事ですのでそうならないようにマスキングテープなんかで部品が当たりそうな部分に貼り付けておいたりする必要があります

樹脂製の部品は冬場は固くなっているので特に割れやすく外すのが怖いです汗



リアバンパーは樹脂製でして、割れてシワが寄っていましたのでドライヤーで温めて大まかに整形し研磨します。ここで必要なら樹脂素材用の熱したピンを何箇所も埋め込んでバンパーの割れを繋ぎ止めるというか補強してあげますが、割れが酷い場合は強度の問題でこのやり方には限界があります。大きい割れとなるとバンパー交換をした方が強度的にいい、修理で何とか直そうとしても時間がかかりすぎて新品に交換した方が安上がり。あるいは状態の良いリサイクルパーツが中古部品屋さんで扱っているのか?こう言った事を車屋さんは脳内で計算していたりします。なるだけ安く綺麗に直してあげたいですしね


ゲートは内張や部品を外し作業をしやすくします。通電するように凹み部分の塗膜をシングルアクションサンダーという工具で剥離しまして、スタッドプーラという金属の先端を凹み箇所に溶接してその工具自体を引っ張ることで凹みを引き出せるのですが、その作業から微調整でハンマーを使って鈑金しました。酷い損傷ではない場合はだいたいこの方法で鈑金します

ゲートを脱着せずに作業できる場合はそうした方が工賃が安く済みますのでそうします。ひと手間だけれど部品を脱着した方が作業効率が良いという事もあるのでその辺も計算しながら作業を組み立てます

バンパーとゲートの細かい凹凸はパテを塗り整え研磨します。パテ以降の作業は油分は大敵なのでシリコンオフという脱脂できる液体を染み込ませた布で脂分を完全除去して鈑金用のパテを塗りこみ、車体本来の曲線を再現していきます

そしてバンパーとゲートに下地にサフェーサという化粧でいう所のコンシーラー?ファンデーション?の役目を果たす物を吹き付けて更に表面を滑らかに研磨して塗装し磨きます

ホワイトパールみたいなアルミの粉のキラキラした色で更に貝殻の内側のような虹色のようなキラキラの入った塗料と言えば伝わりますでしょうか?そういった塗装は塗装の工程が多くて工賃が少し高いです。軽トラックみたいなキラキラしていないシンプルな単色の白ですと塗装の工程が少なく工賃は安めです

最後の磨きの工程ですが3種類のコンパウンドという研磨剤を使い、電動ポリッシャーで布、羊毛、スポンジを使い分けて塗膜を最大限に美しく磨きます。細やかな傷はこの磨きで消し去ることが出来ますので偉大な工程です

外した部品を元に戻し完成です

 綺麗に直りました!

リアバンパーの割れとゲートの端を鈑金

お見積もり¥140,700

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0178-28-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

板金塗装の他のページ