八戸市 八戸市 板金塗装 ステップワゴン クォーターパネル 右のリヤドア 鈑金 修理 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 ステップワゴン クォーターパネル 右のリヤドア 鈑金 修理

八戸市 板金塗装 ステップワゴン クォーターパネル 右のリヤドア 鈑金 修理

 クォーターパネルとリヤドアの傷

ホンダのステップワゴンのタイヤ近くからドアまでを擦ってしまった傷修理の事例です

シングルアクションサンダーという工具で塗装を剥離して凹んでいる部分をスタッドプーラという工具で溶接して引き出し本来の形に近づけます。ハンマーで慣らしては凹凸を手で何度も確かめ微調整を重ねます

視覚的に凹凸はなかなか分かりにくいので差し金を使って鉄板の凹凸具合を判断したり、やすりで削ってみますと高いところは削れ、低いところは削れないのでそんな事をしながら凹凸を確認しています

次の工程に入る前にシリコンオフという液体を染み込ませた布で油分とホコリを拭き取って乾かします。パテや塗装には油分は大敵です


良い感じになりましたら、細かい凹凸はクリーム状のパテを塗り付け埋めていき乾かします。パテは時間が経つと硬化しますので大まかにダブルアクションサンダーという工具で研磨して細かい部分は手作業でペーパーがけしていき本来の曲線に近づけていきます


一度のパテの工程ではパテを塗り付ける際に入り込んでしまう空気による巣穴をどうにもできないので再度パテを塗り付け乾かし研磨という工程を数回繰り返します


パテの工程がいい感じに出来ましたら次はサフェーサの工程です


サフェーサを吹き付ける際に余計な所にサフェーサが飛ばないようにマスキングという紙を貼り付ける作業をします。マスキングは部品同士のキワなどを上手く貼り付けるのは神経を使う作業です


またマスキングに使うテープは剥がした際に糊が車体に残らないように特殊なテープを使っています


マスキングが終わりましたらサフェーサを吹き付け乾かします。ペーパーがけをし水を漬けて細かい目のペーパーで仕上げていきます


パテだけでは表面がざらついていますがサフェーサの工程でより一層滑らかな塗装下地になります
そして塗装の工程に入る前に再度マスキングをします

お車にはカラーナンバーという色の配合量が分かる番号が刻印されておりますが、カラーナンバー通りに塗料を配合しても現車の日光や経年劣化による退色した独特な色味とは少しズレがあり、経験と勘で現車の色味に寄せていきます


テスト塗装という事で適当な鉄板に配合した塗料を吹き付けて乾かしてみます。色んな角度から見てみて現車の色と合致しているかを確認してから本塗りに入ります。


塗装にはソリッド、2コートパール、3コートパールといった塗装の種類があり今から塗ろうとしているお車に施されている塗装工程によって基本料金が違います。ソリッドは工程が少なく3コートパールといった塗装は工程が多いので料金が高くなります


続いて磨きの工程です。電動のポリッシャーに布やスポンジ、羊毛といった素材を使い分けてコンパウンドという研磨剤で磨きます。コンパウンドは3種類使い分けておりまして仕上げに近づけば近づくほど粒子の細かいコンパウンドで美しいボディに仕上げていきます

磨きの工程は細かい傷でしたら消す事が出来てしまうので何とも偉大な工程ですね


部品を全て戻し洗車していきます。サフェーサの研ぎカスやコンパウンドが残っていないように洗車します


ダッシュボードやハンドル周り、メーターパネル、バックミラーやフロントガラスなどは特に目につきやすいので水拭き、乾拭きをして水滴の跡が残っていないように注意しながら拭き取っていきます


運転席のドアを開けたドアの内側やピラーのあたりも一番最初に目につきますから水滴や土ぼこりを拭き取っておきます




 綺麗に直りました!

クォーターパネルと右のリヤドアの鈑金


お見積もり 164,300円

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!