八戸市 八戸市 板金塗装 Nワゴン 右前フェンダーの下 凹み修理 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 Nワゴン 右前フェンダーの下 凹み修理

八戸市 板金塗装 Nワゴン 右前フェンダーの下 凹み修理

 右前のフェンダーの小さな凹み

こちらはホンダのN-WAGONの右前のフェンダーの下側の小さな凹みの修理事例です

残念ながらこちらは修理前の写真を撮り忘れてしまったのですが、作業がしやすいようにまずガレージジャッキで前側をジャッキアップをしておきます


シングルアクションサンダーという工具で塗装を剥離しまして電気が通るようにしておきます。そしてスタッドプーラという工具の先端を溶接して引っ張り出しハンマーで微調整していきます。手で何度も凹凸を確認します




細かい凹凸はスタッドプーラなどでは直しきれませんので硬化剤を混ぜたパテで部品本来の曲線を再現というか補ってもらいます

パテの工程に入る前にエアガンという工具でホコリを飛ばしシリコンオフという液体を染み込ませた布で拭き取り油分を除去し乾かします


パテをへらで塗り付け乾かしますとガチガチに固まりますので部品本来の曲線に、大まかにダブルアクションサンダーという工具で研磨していき細かい部分は紙やすりで手作業でペーパーがけします


研磨していくうちに巣穴があった場合は仕上がりに影響が出ますので再度パテを塗り付けて乾かし研磨します。綺麗に仕上がるまでパテの工程は何度も繰り返します




パテが綺麗に仕上がりましたら次は塗装下地のサフェーサの工程に移ります


パテだけではざらつきがありますがサフェーサを吹き付けることでより滑らかなになります。サフェーサが余計な所に飛び散らないように紙を貼るマスキングという作業をしていきます


このマスキングに使われるテープは剥がした時に車体に糊が残らない特殊なテープを使っています


マスキングが終わりましたらサフェーサを吹き付け乾かします。乾いた後は手作業で紙やすりでペーパーがけしていき、仕上げに水を漬けた目の細かい紙やすりで水研ぎという作業をして滑らかに仕上げます


サフェーサの工程が終わりましたら塗装の工程に入りますので再度マスキングをしていきます


お車にはカラーナンバーというお車に塗られている塗料の配合データが分かる番号が刻印されていますが、そのデータ通りに塗料を配合しても大体色が合いません。おそらく現車の経年劣化や日光などによる退色が原因かなと思いますが色が合わないので塗装技師さんが経験と勘で何色か塗料を足して現車の色味に寄せています

適当な鉄板に仮で作った塗料を吹き付けてみて乾かし現車の色味と合致していたら本塗に入ります。ムラなく垂れないように塗っていき乾かします


塗装の工程が終わりましたら磨きの工程です


コンパウンドという研磨剤の粒子の細かさが違う3種類のコンパウンドを使い分け、電動ポリッシャーで磨いていきます。ポリッシャーは羊毛、スポンジ、布などの素材を使い分けています


磨きで小さな傷などは消し去ることができますので凄い工程です。部品を全て戻し完成です

 綺麗に直りました!

右前のフェンダーの下側の小さな凹み

お見積もり 30,000円

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!