八戸市 八戸市 板金塗装 インプレッサ レガシー フロントバンパー リヤドア 修理 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 インプレッサ レガシー フロントバンパー リヤドア 修理

八戸市板金塗装 インプレッサ レガシー フロントバンパー リヤドア 修理

 バンパーの傷とドアの凹み

スバルの人気車インプレッサのバンパーの無数の傷修理とリアドアの凹み傷修理事例です
バンパーを見てみると広範囲に細かい傷があります

まず前側をジャッキアップしてフロントバンパー周りのクリップを外していきます。このプラスチック製のクリップは経年劣化で粘りがなく固くなってしまうことが多く、よく壊れるのですが1個100円ちょっとしたりするので安くはないですね

フロントバンパーを外す際に他の部品を傷つけないようにテープを張って傷が付かないようにガードします。またセンサーやフォグランプの配線が付いていたりしますのでそちらも外しておきます。

必要ならこのコネクタはここに入るですとか、このコネクタやカプラーは元々何も付いていない空のカプラーだとか写真を撮ったり目印をしたりしておきます。鈑金する人と塗装する人が違うので部品を組み付ける際にスムーズに作業が進むようにこういった事をしています



フロントバンパーが外れましたらこちらは傷が無くなるまでダブルアクションサンダーというカッコイイ名前の工具で研磨して、研磨することで失われた部分をクリーム状のパテで補い塗っていきます

パテは時間が経つと硬化しますので固まったらダブルアクションサンダーで大まかに研磨していき、細かい部分は手作業でフロントバンパー本来の曲線を再現するように研磨していきます

研磨する時につかうペーパーは目が粗いもの、細かい物を使い分けます

1度目のパテの工程で巣穴もなく本来のフロントバンパーの曲線を再現できていれば良いのですが、だいたい2回くらいパテ塗りの工程を繰り返します

パテの工程でよい感じに仕上がりましたら、次はサフェーサの工程です

下地にサフェーサという物を吹き付けてパテの少しざらついた面を滑らかにします。パテ塗りやサフェーサの工程はお化粧でいう所のコンシーラーや下地の工程に似ています

サフェーサも研磨していき更に滑らかな下地を目指します。ペーパーだけの空研ぎと水を漬けながら細かな目のペーパーで水研ぎします

サフェーサの工程がいい感じになりましたら、いよいよ塗装していきます

お車にはカラーナンバーという色の配合量が分かる番号が刻印されているのですが、だいだいそのデータ通りに色を混ぜ合わせても現車の日光にさらされたり経年劣化による退色をした色味とは若干のズレがあり、経験と勘で現車の色味に寄せていきます

適当な鉄板に混ぜ合わせた色を吹き付けてみて乾かし、現車の色に合致しているかを確認してから塗装の工程に入ります
塗装は塗料が垂れないようにムラがないように細心の注意が必要です

塗装にも2コートパールや3コートパールといった塗装の仕方があり3コートパールのされているお車は塗装の工程が多いので工賃が高めですね

塗装が終わりましたら磨きの工程です。電動のポリッシャーを使いスポンジ、羊毛、布等の素材を使い分けて、コンパウンドという研磨剤で磨きます

磨きの作業はとても重要で浅い傷なら全然目立たなくできることもあります。磨きの作業で塗装した面をより美しく仕上げます

リアドアの凹み傷は塗装をシングルアクションサンダーという工具で剥離して、スタッドプーラという工具で金属を溶接し引き出してハンマーで凹凸を確認しながら整えます

良い感じに直せましたらシリコンオフという液体を染み込ませた布で油分を取り除き乾かします。パテ~塗装の工程に油分は大敵ですのでしっかり除去します

リアドアもパテ~磨きの工程をして部品を戻し、綺麗に洗車して完成です!

 綺麗に直りました!

バンパーの傷とリヤドアの凹み修理

お見積もり 99,170円

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!