八戸市 八戸市 板金塗装 ヴェルファイア リヤバンパー ゲート 修理 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 ヴェルファイア リヤバンパー ゲート 修理

八戸市板金塗装 ヴェルファイア リヤバンパー ゲート 修理

 ゲートとバンパーの傷

トヨタの人気車、ヴェルファイアのゲートの凹みとリアバンパーの傷修理の事例です

ゲートの修理はナンバーの封印を取ったり配線類を外すために部品脱着をしなくてはならなかったりと修理費が高くなりがちのイメージがあります

まず作業をしやすくするためにガレージジャッキで後ろ側をジャッキアップしてリアバンパーを外すためにリアバンパーをとめているプラスチック製のクリップやボルト類を外していきます

テールランプも作業するにあたり外しておいた方がいいので外しておきます。リヤバンパーはテールランプを外さないと外れない車種もあったりしますね



写真では分かりにくいのですが、ゲートの凹みがあるのでシングルアクションサンダーという工具で塗装を剥離してスタッドプーラという工具の先端を溶接して引き出します


ゲートのような内張りを外せば内側から凹みを叩き出せる場合は内張りを剥がすのが少々手間ではありますが結果的に効率的な場合もありますが凹みは端の方なので地道にスタッドプーラとハンマーで凹みを直していきます。何度も手で凹凸を触って確かめ金属の定規の差し金という工具で凹凸を見ます




細かい凹凸はスタッドプーラやハンマーでは直しきれませんのでパテを使って直していきます




リアバンパーの傷はダブルアクションサンダーという工具で傷が無くなるまで研磨していき細い部分は手作業で紙やすりでペーパーがけし表面を整えておきます。こちらにもパテを使って直していきます



パテの工程にはホコリや油分が大敵ですからエアガンという工具でホコリを飛ばし、シリコンオフという液体を染み込ませた布で拭き取り乾かします。これでホコリと油分は取り除けます


硬化剤を混ぜたパテは時間が経つと固まる性質がありますのでヘラで直した部分に塗り込んでいきます。パテを塗り込み、パテが固まりましたらダブルアクションサンダーで大まかに研磨し細い部分は手作業で紙やすりでペーパーがけをし車体本来の部品の曲線をパテで補うというか再現します

この手法は鈑金業界では一般的なやり方です


パテにはよく空気が入り込んでしまい度々巣穴ができます。これを無視してしまうと綺麗な塗装面に仕上がりませんから巣穴が無くなるまでパテを塗りつけ乾かし研磨の工程を数回繰り返してしっかり整えます



次は塗装下地のサフェーサを吹き付ける工程に入りますが、サフェーサが余計な部分に飛ばないように紙を貼るマスキングという作業をします

このマスキングに使うテープは車体から剥がしたときに糊が車体に残らない特殊なテープを使っています

マスキングが終わりましたらサフェーサを吹き付けていきます。乾かしまして紙やすりで手作業で研磨していき、仕上げには水をつけた細かい目の紙やすりで水研ぎという作業をして綺麗に仕上げます


次はいよいよ塗装の工程に入りますから再度マスキングをします


お車にはその車体に使われている塗料の配合データが分かるカラーナンバーという番号が刻印されていますが、このカラーナンバー通りに塗料を配合しても現車の経年劣化によるものなのか?日光による退色なのか分かりませんが色が合いませんので塗装技師が経験と勘で色を何色か足して色を寄せます

色が合致したことを確認しましたら本塗りに入ります。垂らさないようにムラがないように吹き付け乾かします


続いて磨きの工程です。コンパウンドという粒子の細かさが違う3種類の研磨剤を使い、電動ポリッシャーで磨きます。羊毛、スポンジ、布の素材を使い分けて磨いています


部品を全て戻しサフェーサの研ぎカスやコンパウンドが残っていないように洗車して完成です

 綺麗に直りました!

リアバンパーとゲート修理

106,100円

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!