八戸市 八戸市 板金塗装 ミニクーパー リヤバンパーの傷修理とリヤフェンダー交換   (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 ミニクーパー リヤバンパーの傷修理とリヤフェンダー交換  

八戸市 板金塗装 ミニクーパー リヤバンパーの傷修理とリヤフェンダー交換

 バンパーとリヤフェンダーに傷

BMWの人気車ミニクーパーのクーパーSのリアバンパー修理とリアフェンダーの黒いプラスチック部分の交換修理事例です

リアバンパーをつけたままでも作業できないわけではないのですが、作業がしやすいようにリアバンパーを外した方が仕上がりも美しいのでそうします。部品の脱着作業がありますとそれは手間=工賃となり脱着工賃が発生します

この黒いフェンダーについている部品は表面が少しザラザラした加工がしてあり、塗装とかではなく新品に交換するしかありません



このお車のリアバンパーの傷はそこまで大きくないので新品に交換するのではなく修理で対応します。自分が被害者だった場合は少しの傷でも新品に交換する場合もありますが今回は修理での事例です。傷が大きくないので修理をした方が安いですね


ガレージジャッキで後ろ側をジャッキアップし、リアバンパーを外していきます。プラスチックのクリップやビスというかボルトなどでリアバンパーは留まっていますから無傷の部品を傷つけないように丹念に外していきます。勢い余って無傷の部品を傷つけてしまっては目も当てられませんので面倒でもマスキングテープを貼ったりして傷防止をしておきます

またリアバンパーを外す際はカプラーと呼ばれる配線のコネクタを外さなければいけない事が多々あるのですが、このカプラも断線させないように丁寧に扱います

外したリアバンパーは毛布などを敷いた専用のスタンドに乗せておきます


大まかにリアバンパーの傷をダブルアクションサンダーというかっこいい名前の工具で研磨し滑らかにします

リアバンパーはバンパーの素材、塗装下地のサフェーサ、塗料、クリアという透明の層があるのですが、傷は鋭くバンパーの素材までエグれている状態を境界線を滑らか研磨していき柔らかな角度に研磨すると書けば伝わるでしょうか?

ガリっとエグれた部分をフラットに全体的に一度滑らかに研磨して、研磨することで無くなった部分を凹凸を埋めるパテで、車体本来の曲線を再現するように補うイメージですね

このパテを違和感なく塗れるように滑らかに研磨します。このパテには硬化剤が混ぜられており、時間が経つとガチガチに硬化します。この硬化したパテを車体本来の曲線を再現するように研磨してリアバンパーのエグれてしまった部分を再現するのです。綺麗な形になるように丹念に手作業で紙やすりなどで研磨していきます

もし研磨していく段階でパテに巣穴などを発見してしまった場合はパテを再度塗りつけ研磨し直しです。これを怠っては美しい車体は再現できません。パテが完全に車体の一部となりましたら紙を貼るマスキングという作業をします

次に塗装下地のサフェーサを吹き付けるため、余計な部分にサフェーサがつかないようにこの、紙を貼るマスキングという作業をします

サフェーサを吹き付け乾燥させましたら紙やすり手作業で研磨します。そして仕上げに水をつけた細かい目の紙やすりで研磨する水研ぎという作業をして塗装下地を仕上げます

いよいよ塗装の工程に入りますので再度マスキングをします

お車にはカラーナンバーという現車に塗られている塗料のデータが分かる番号が刻印されているのですが、だいたいこのデータ通りに塗料を配合しても現車の経年劣化や日光などによる褪色をした独特な色味とは誤差があるので塗装技師が経験と勘で塗料の配合を微調整して寄せています

塗装が終わりましたら磨きの作業です。電動ポリッシャーを使いコンパウンドという研磨剤を3種類使い分けて丹念に磨きます。ポリッシャーは羊毛、布、スポンジを使い分けております

部品を組み付け、サフェーサの研ぎカスやコンパウンドが残っていないように洗車をして完成です





 綺麗に直りました!

リアバンパーの傷修理とフェンダーのガニッシュ交換

お見積もり 53,400円

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!