八戸市 八戸市 板金塗装 ノート 前側をぶつけてしまった修理事例 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 ノート 前側をぶつけてしまった修理事例

八戸市 板金塗装 ノート 前側をぶつけてしまった修理事例

 前側を広範囲に損傷

日産のノートの前側を広範囲にぶつけてしまった修理事例です。トヨタのアクアやホンダのフィットのようなミドルクラス?の車両も人気ですね。では修理内容を見ていきましょう

お客様の要望によりフロントバンパーやバンパー周りのグリルという網網の部分、ラジエーターグリル、ヘッドライトを新品に交換。フロントフェンダーや内部損傷で変形してしまった部分のラジエーターコアアッパーサポート、アドオンフレームブラケットという部分は修理という内容です

ヘッドライトなんですが、少し傷があるだけのように見えますが、ヘッドライトを車体に取り付けている部分は樹脂製なので前側をぶつけてしまうと簡単に割れてしまいます。そしてヘッドライトの新品は高額です。ノートの場合は7万くらいはしたかと思いますね

安く修理をしたいのであればヤフオクなどで中古の状態の良いものをひたすら探すかリサイクルパーツの状態の良いものを気長に探すのも手ですね。時間がかかるかも知れませんが汗


前側をぶつけた事で衝撃がフェンダーにまで来て変形していますのでこれを修正しないとフロントバンパーが上手く付きません

まず作業がしやすいように前側をガレージジャッキでジャッキアップしフロントバンパーを外すためにバンパー周りのプラスチック製のクリップを外していきますが、経年劣化などによりプラスチックが硬化していて容易くクリップが折れてしまうことが多々ありますが1個100円くらいするので安くはありませんので慎重に外します

最近の車はコンピューターの塊なのでほぼほぼトランスフォーマーのロボットが道路を走っている感覚です汗。フロントバンパーにもセンサーがついてる車が増えてきていますからそちらの配線も慎重に外していきます

写真がないのですが、外見はそこまでの損傷でもな内部的な損傷が大きい場合も多々あります。手間がかかる修理はどうしても工賃がかかってしまいますね


それらをハンマーやクランプ、プーラーなどで修正し、部品達がいい感じに付くのを確認してからパテの工程に入ります

ダブルアクションサンダーやシングルアクションサンダーというかっこいい名前の工具で塗装を剥離して慣らし、滑らかにしましたらエアガンという工具でホコリを飛ばします

そしてシリコンオフという液体を染み込ませた布で脂分を完全除去して乾かします

そして硬化剤を混ぜたパテで細かい凹凸をヘラで塗りつけ埋めていき乾かします。パテは時間が経つとガチガチに硬化しますから車体本来の曲面を再現するようにダブルアクションサンダーや紙やすりで研磨していきます。パテが凹凸を補ってくれるのです

パテを研磨してるうちに巣穴をもし発見しましたらまさかのパテの塗り直しです汗

巣穴がそのままでは仕上がりに大きく影響しますから再度パテを塗りつけ乾かし完璧な状態になるだけ持っていきます

次は塗装下地サフェーサを吹き付ける工程ですからサフェーサが余計なところに飛ばないように紙を貼るマスキングという作業をしていきます。このマスキングに使う紙テープは車体から剥がした際に車体に糊が残らない特殊なテープを使っています

サフェーサを吹き付け乾かしてさらに研磨していきます。パテだけではざらついた表面もサフェーサを吹き付けることでより滑らかになります。手作業で紙やすりでペーパーがけをしますが仕上げに水をつけた目の細かい紙やすりで水研ぎという作業をして塗装下地を仕上げます

再度マスキングして塗装のための調色という塗料を配合する作業ですが、この車に塗られている塗料の配合データ通り配合してるのに誤差があり、その微妙な色ズレは塗装技師の経験と勘で寄せています

仕上げにコンパウンドという研磨剤を3種類使い電動ポリッシャーの素材はスポンジ、羊毛、布を使い分けて美しい塗装面に磨き上げます

部品を全て戻し洗車して完成です

 綺麗に直りました!

フロントバンパー周り、ヘッドライトを新品に交換、フロントフェンダー、ラジエーターコアアッパーサポート、アドオンフレームブラケット修理

お見積もり¥279、600

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!