八戸市 八戸市 板金塗装 スイフト サイドシル クォーターパネル 左リアドア 傷修理 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 スイフト サイドシル クォーターパネル 左リアドア 傷修理

八戸市 板金塗装 スイフト サイドシル クォーターパネル 左リアドア 傷修理

 左後ろの擦り傷

スズキのスイフトのサイドシル、クォーターパネル、リヤドアの傷修理の事例です



まず作業をしやすくするためにガレージジャッキで後ろ側をジャッキアップしインパクトレンチという工具でタイヤを外します


リアバンパーを外したいのでリアバンパー周りのプラスチック製のクリップやボルトなどを外していきます。このプラスチック製のクリップは経年劣化などで粘りが無くなり固くなっていて簡単に割れてしまいますが1個100円くらいしますので安いものではありませんからなるべく壊さないように外します

リアバンパーを外すためにナンバーの封印を取り、バンパーを外します。そしてテールランプも外しますのでテールランプを止めているボルト類も緩めていきます




サイドシルというドアの下側の部分をサイドスポイラーという樹脂製のエアロパーツのような細長い部品が着いているのですがそちらも外します。部品もメーカーによって呼び方が違ったりしますね汗


凹みがあるパーツはシングルアクションサンダーという工具で塗膜を剥離して通電するようアースを取り、スタッドプーラという工具の先端の金属を溶接して引っ張り出してハンマーで慣らすという作業を繰り返し行い整えていきます。定規のようなまっすぐな物を当てがい、まっすぐ、もしくは滑らかな曲線に近づけます



傷の部分はダブルアクションサンダーという工具で傷が無くなるまで研磨していきます。車体はだいたいクリアの層、塗料の層、塗装下地の層、車体の金属の面のような構成になっていてそこに傷が入ってる状態を想像してみるといいのですが、深く鋭く入っている傷をダブルアクションサンダーという紙やすりを高速回転させる工具で滑らかなしていき、パテやサフェーサといった物で補うのです


研磨する事で無くなった部分や凹みを修正した部分にシリコンオフという脂分を除去してくれる液体を染み込ませた布で拭き取り乾燥させます

そして硬化剤を混ぜた凹凸を埋めるパテをヘラで塗りつけ乾燥させますとガチガチに硬化しますので車体本来の曲線を再現するように研磨します。これをサイドスポイラー、クォーターパネル、リヤドアに施すのですが最初は大まかにダブルアクションサンダーという工具で研磨しますが細かい部分は手作業で紙やすりをかけて仕上げます

万が一、パテの面が研磨してるうちに巣穴になっているのを発見してしまったらパテの工程はやり直しですので再度パテを塗りつけ研磨しなければなりません。仕上がりにとても影響が出てしまうからです



パテがうまく研げましたらば、紙を貼り付けるマスキングという作業をしていきます。このマスキングに使うテープは車体から剥がした時にノリが残らない特殊なテープを使っています

マスキングが終わりましたら塗装下地のサフェーサを吹き付け乾燥させます。そして手作業で紙やすりをかけていきますが、仕上げには水をつけた目の細かい紙やすりで水研ぎという作業をして美しい下地を完成させます

そして下地にサフェーサという化粧でいう所のコンシーラーの役目を果たしています

サフェーサが上手く研げましたら再度マスキングして塗装の準備に入ります


お車にはどのような色が塗られているかが分かるカラーナンバーという番号が刻印されていますが、だいたいこの番号通りに塗料を混ぜてもお車の色味とは誤差があるので塗装技師の経験と勘でこの微妙な誤差を埋めています

塗装をきれいに仕上げ、磨きの工程に入ります。電動ポリッシャーを使いコンパウンドという研磨剤を3種類使い分けて磨いています。ポリッシャーも布や羊毛、スポンジなどの素材を使い分けて美しい車体に仕上げます

あとは部品を元通りにしてきれいに洗車して完成です

 綺麗に直りました!

サイドシル鈑金、サイドスポイラー、クォーターパネル、リヤドア傷修理

お見積もり¥156,300

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!