八戸市 八戸市 板金塗装 ボクシー バンパー リヤドア サイドスポイラー 傷修理 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 ボクシー バンパー リヤドア サイドスポイラー 傷修理

八戸市 板金塗装 ボクシー バンパー リヤドア サイドスポイラー 傷修理

 リヤドアは鈑金その他は交換

トヨタのボクシーの傷が広範囲のこのお車の修理事例です。フロントバンパーからフロントフェンダー、フロントドア、リアドア、サイドスポイラーにホイールと横を広範囲に擦っています。

お客様の要望によりリヤドアは鈑金修理しますがフロントフェンダー、フロントドア、サイドスポイラー(下回りについているエアロパーツみたいな物)は交換です

鈑金塗装の修理に比べて、新品に交換というのはやはりお見積もりが高くついてしまいますね。部品を古い物から新品に移植したりという手間もあります


鈑金塗装の作業工程はまず、シングルアクションサンダーという工具で塗装を剥がし金属むき出しの状態にしてからスタッドプーラという工具の先端を凹み傷に溶接し引っ張り出します。凹みが強い時は差し金などを使って凹凸を見ながらハンマーで微調整します

凹みがない場合はこの作業はしませんが傷が無くなるまでシングルアクションサンダーという工具で塗装を剥がし、車体は金属面、下地、塗膜の層になっているのですがなるべく緩やかな傾斜になるように今度はダブルアクションサンダーという工具で直す部分を研磨します

この直す部分を緩やかな傾斜になるように研磨することをフェザーエッジを取るとか言ったりします


そして次の工程には油分が大敵ですのでシリコンオフという液体を染み込ませた布で拭き取り乾かします


十分に乾かしましたら次はパテの工程です。クリーム状のパテを塗りつけまして、パテは時間が経つと硬化しますので乾かし研磨していき本来の車体の曲線を再現していきます

大まかにダブルアクションサンダーという工具で研磨してから細かい部分は手作業で研磨していきます

ほとんど必ずと言っていいほど一度目のパテの工程で、パテを塗る際に入り込んでしまう空気で巣穴ができたりしてしまいますのでパテ塗りから研磨の工程は数回繰り返します


パテの工程が良い感じになりましたら、次はサフェーサという塗装前の下地の工程に入ります。まず余計なところにサフェーサが飛ばないように紙を貼るマスキングという作業を念入りにします

パテだけでは表面が少しざらついているのですがサフェーサがより滑らかにしてくれます。サフェーサを吹き付け乾かしペーパーで研磨し、仕上げには水を漬けた細かい目のペーパーで水研ぎという作業をします


パテとサフェーサはお化粧で言うところのコンシーラーと下地のような役目ではないでしょうか

再度マスキングをしましたら塗装に入ります。お車のはカラーナンバーという色の配合データが分かる番号が刻印されているのですが、その通りに塗料を配合しても現車の独特な日光や経年劣化による退色した色味には微妙にズレがありますから経験と勘で色を足して寄せていきます

塗装が終わりますと、磨きの作業です

電動のポリッシャーに布や羊毛などの素材を使い分けてコンパウンドという研磨剤を使い丹念に磨いていきます

そして部品の組み付けをします


サフェーサの研ぎカス、コンパウンドが残っていないように洗車して完成です。このような流れで作業します



 ホイールの傷も削ってパテ

ホイールの修理もボディ同様の修理で傷部分を削り

凹凸を埋めるパテを塗り、下地のサフェーサ、塗装です

 必要に応じて部品を外します

作業がしやすいように丁寧に部品を外します

 ホイールに塗装

傷のあったホイールも綺麗に直りました!

 部品を組み付け納車

ドア部分は配線などが集中していて複雑です

新品に交換の際、配線類やその他の部品は全て新品に移植します

鈑金したリヤドアも無傷な部品たちが修理する際に痛まないように必要に応じて外し、繰り返しになりますが鈑金してパテを塗り、下地のサフェーサ、塗装、磨きの工程を経て組み付けます

そして洗車して完成です

お見積もり 350,000円

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!