八戸市 八戸市 板金塗装 ヴィッツ フロントバンパー リヤバンパー 傷修理 (有)谷川自動車

画像

  • HOME
  • 板金塗装
  • 八戸市 板金塗装 ヴィッツ フロントバンパー リヤバンパー 傷修理

八戸市 板金塗装 ヴィッツ フロントバンパー リヤバンパー 傷修理

 前後のバンパーの傷

トヨタのヴィッツの前後のバンパーの傷の修理事例です

フロントバンパーとリアバンパーの傷はダブルアクションサンダーという工具で傷が無くなるまで研磨していきます。あまり研磨しすぎないようして細かい部分は手作業で紙やすりをかけて整えます


ホコリはエアガンという工具で飛ばしシリコンオフという液体を染み込ませた布で脱脂をしてからドライヤーで乾かします。シリコンオフは樹脂性のバンパーなどに使う場合は問題ないか、目立たないところに塗ってみて減っみしたりしないか注意が必要です


乾かしましたらクリーム状のパテに硬化剤をよく混ぜて研磨したバンパーにヘラで塗り込みます。パテは時間が経ちますとカチカチに固まりますのでダブルアクションサンダーという工具で大まかに研磨します。今回も細かい部分は手作業で紙やすりでペーパーがけしていきます

パテを綺麗に削るといパテがフロントバンパー、リアバンパー本来の曲線を再現してくれるというか補ってくれます

この手法は鈑金修理業界では一般的な手法ですのでパテを使って誤魔化している訳ではありません


次は塗装下地のサフェーサというものを吹き付ける工程なのですが、サフェーサがこのままでは余計な部分に飛んで行ってしまい大惨事になるので修理しない部分には紙を貼るマスキングという作業をします

マスキングに使うテープは剥がした時に車体に糊が残らない特殊なテープを使っています

マスキングが終わりましたらサフェーサを吹き付けていきます。サフェーサを吹き付けましたら紙やすりで研磨して、仕上げに水をつけた細かい目の紙やすりで水研ぎという作業をしてより滑らかな塗装下地に仕上げます

パテとサフェーサの工程はお化粧で言うところのコンシーラーと下地の工程に似ています。これから塗装をしますが塗装はファンデーションみたいな感じでしょうかね


塗装の工程に入るために再度マスキングをします


お車にはカラーナンバーというお車に使われている塗料の配合データが分かる番号が刻印されているのですが、だいたいカラーナンバー通りに塗料を配合しても現車の経年劣化や日光による退色した独特な色味とは微妙にズレがありますので塗装技師さんが何色か色を足して現車の色味に寄せています


塗料の配合が終わりましたらいきなり本塗りするわけではなくて、適当な鉄板に塗料を吹き付けて乾かし、いろんな角度から見てみて現車の色味と合致しているかを確認してから本塗りに入ります


垂らさないようにムラにならないように丹念に吹き付けます

塗装が終わりましたら磨きの工程に入ります


コンパウンドという研磨剤の粒子の細かさが違う3種類のコンパウンドを使い分け、電動ポリッシャーで磨いていきます。ポリッシャーは羊毛やスポンジ、布などの素材を使い分けて磨きの作業をします

磨きで細かい傷などは消し去ることができますからとても偉大な工程です



サフェーサの研ぎカスやコンパウンドが残っていないように洗車をします。ダッシュボードやハンドル周りスピードメーターやバックミラーなどのよく目につく部分は水拭き乾拭きをして水滴の跡が残らないようにします


ステップや運転席のドアを開けたところはよく目に付きますから水滴を取っておきます。お車のマットもエアガンで飛ばし、耐水の樹脂製のマットは水洗いして完成です


今回の修理事例は傷が小さかったのでフロントバンパー、リアバンパーをつけたまま作業できましたが脱着しての作業となりますとその工賃が発生してしまいます。リアバンパーはテールランプを外さないと外れないタイプもありますのでそれもまた工賃となることがあります

 綺麗に直りました!

前後のバンパーの傷修理

お見積もり¥43300

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
017-828-7437
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!